あなたのニオイは嫌われている

 

この匂いに関するキーワードに敏感なかたは大丈夫自分で対応しているでしょうし、

そこまでニオイはきつくないです。

 

 

むしろ問題は自分の悪臭に気づいていないあなたです。

 

 

ちょっとまった!

 

 

今臭う仕草をしませんですたか?自分ではニオイは感じないし、自分のニオイがきになる

人はすでに対応しています。

今電車ですかか周りを見渡して鼻をひくひくさせている方はいません。

 

 

静かにみわたすのです。

 

会社の同僚のちょっとした反応も見逃していませんか?

あなたの近くに来ている人が目を合わせない状態を作っていたらそれはニオイが漂って

いるかもしれません。

 

 

自分のニオイは自分ではわからない、

それと確認はできないのですから、どうしたら良いでしょう。

 

 

ここは実際に人に聞くことです。

でも、そんなことできない人のほうが多いでしょうし、人に聞けないです。

 

 

これが本音のところでしょう。

 

 

今から対処することのほうがいいんじゃないの?

 

 

自分は臭わないと思っている方も早めの対応で、これからもニオイがしなくなる

予防もできます。

耳の後ろや脇汗などはほんと気をつけたほうがいいでしょう。

 

 

夏の汗と冬の汗は別格に違います。

 

 

それは、

夏は水をたくさん飲むでしょう。

 

ここは納得できますよね。

汗をかいてもそれほどくさくないのです。

 

 

問題は冬の汗のほうが断然臭い。

 

悪臭をぶりまきます。

 

 

水はのまないし、汗の臭さの密度がほんと濃ゆいのです。

だから冬の汗はほんと気をつけたほうがいいです。

 

 

 

夏も、冬も予防することで加齢臭や体のニオイは消すことができますよ。

 

自分の体をきれいに洗うことはもちろんです、耳の後ろをきれいにする。

あとはクリームなどを体にぬることですね。

 

 

そうそう夏でも冬でも水を2リットルのむことが必要です。

 

 

これで自分のニオイを改善できますよ。

そこのニオイにきづいていないあなたに
デオドラントバーム